50kW未満 産業用 太陽光発電

MENU

50kW未満の産業用太陽光発電システム

企業や公共の施設の屋根や屋上に産業用の太陽光発電システムが設置されることが当たり前の時代になってきました。

 

主にビルや工場の屋根や屋上なので普段あまり目にすることはありませんが、意外といろんなところに設置されています。

 

産業の太陽光発電システムと聞くと、非常に大規模な物を想像するかもしれませんが、中には50kW未満の小規模なタイプもあります。

 

産業用と聞くと大規模なイメージを持つかもしれませんが、個人で設置することも可能であり、産業用であることによるメリットもあります。

 

50kW未満とは言っても10kW以上の太陽光発電システムであれば産業用であると認めてもらうことができます。

 

また、条件を満たすことができれば、グリーン投資減税という減税を適用させることもできるのです。

 

一般家庭用の売電とは違い、有利な価格設定で20年間にわたって売電ができるため、設置後11年目からも10年目までと同様に安定した収入を得ることができます。

 

通常、設置後から8〜9年めが投資回収の時期に当てられますから、20年も売電価格が固定されることは、投資効果が高まり非常に重要です。

 

また、50kW未満のシステムであれば、キュービクルのような追加設備の投資も必要がないというメリットもあります。

 

個人での設置で場所と資金があるのなら、10kW以上50kW未満の方がメリットが多く望ましいと言えますね。

自分の家、土地に合った最安メーカー、業者がわかる!

お客様満足度、月間利用者数ダントツNO.1

太陽光発電を知るカンタン見積比較

50kW未満の産業用太陽光発電システム関連ページ

農地に設置・利用するには?
設置費用の相場は?
個人の住宅用に比べると、買取制度で有利な条件の産業用太陽光発電。設置を検討する場合、太陽光発電パネルやパワコンの性能とともに費用がどのくらいかかるのかが気になるところですね。kWあたりのコストで比較されることが多いですが果たしてその金額とは?
産業用システムの仕組みとは
産業用として太陽光発電が導入されるケースが増えていますが、意外と知られていないのがシステムの仕組みには二種類あるということ。それぞれの仕組みを調べることで見えてきたこととは?
パワコンが握る鍵とは?
太陽光発電ではモジュールの他にパワーコンディショナーもシステム構成の核となります。産業用では規模が大きくなるだけに数%の性能差でも発電した電気量のロスに換算すれば大きな差となるでしょう。住宅用と同様に適切な情報収集と価格比較が納得できる投資と回収につながるでしょう。
三菱電機の場合
産業用の太陽光発電は国内メーカー各社も対応していますが、三菱電機もその一つです。太陽光発電に限らず、産業用など規模の大きいシステムを得意としているのが三菱電機の特徴といえるでしょう。
シャープの場合
産業用太陽光発電は買い取り条件の良さから注目されています。太陽光発電分野が企業業績の回復に寄与したシャープでも産業用は各地に供給されており、家庭用と同等の人気を博しています。
京セラの場合
産業用太陽光発電には、一般家庭用でもお馴染みのメーカーも参入しています。京セラもその一つです。京セラは、認知度の高い空港、道路、駅といったインフラ施設を中心に高いシェアを誇ります。さて、そのシェア拡大の秘密とは?
産業用を融資で設置するには?
太陽光発電は産業用では、規模が大きくなるだけに設置費用がかさみます。ただ昨今は、ローンを組んで融資を受けることも可能になっています。全量買い取り、20年間の買取価格保証などのメリットがあるのが産業用。畑、庭の一部などの遊休地を遊ばせておくよりも、発電して電気を売りつつ、環境保護へ協力が可能になり、社会にも大いに貢献することができます。