太陽光発電 買取価格 H26年度

MENU

H26年度記事一覧

2014年9月後半から日本の電力会社の幾つかより、10kW以上の太陽光発電システム(一般に「産業用」と呼ばれるタイプ)の買い取り新規契約申し込みを保留・中断すると報道されました。理由はおおよそ共通しています。新規申し込みを保留等にしている理由太陽光発電により売電される電気量は、世間が消費する電気量より多くなる場合があります。この傾向は人口の少ない地域に行くほど顕著になります。事業者は広い土地にが確...

北海道電力、東北電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の大手電力会社5社が、出力10kW以上の太陽光発電設備の電力買い取りの新規契約申し込みを保留または中断した問題で、進展がありました。九州電力が、出力50kW未満のソーラーパネル設備の買い取り申請に対する手続きの再開を発表しました(参考:日経新聞 2014/10/22)。一般住宅の規模でも屋根を十分に活かして、10kW以上の設備を搭載し、発電した電力...

経済産業省は、大手電力5社が行っている太陽光発電の買取中断の年内再開に向けて、2つの対策を取ると発表しました。対策は以下のとおり。対策1買取認定後、発電を開始しない太陽光発電設備の認定を取り消すとともに、開始しなかった事業者を排除し、新たな参入者を受け入れていく。対策2大手電力会社が太陽光発電事業者の発電量を制限する条件を変更する。現在:年間30日まで(30日超になると、補償金の支払い義務発生)今...

H27年1月31日(日)、日経CNBC主催セミナー「太陽光発電の展望を読む!」(講演者:松本真由美東大准教授*1)を聴講し、内容を改定しました。*1東京大学 教養学部付属教養教育高度化機構 環境エネルギー科学特別部門 客員准教授H26年9月から始まった各電力会社の太陽光発電設備の受け入れ中断問題ですが、以下の進展と注目点をまとめてみました(H27年1月31日時点の情報を基に編集)。受け入れの再開日...