産業用太陽光発電 買取申請 保留 中断 電力会社

MENU

産業用太陽光発電、新規買取保留または中断する電力会社は?

2014年9月後半から日本の電力会社の幾つかより、10kW以上の太陽光発電システム(一般に「産業用」と呼ばれるタイプ)の買い取り新規契約申し込みを保留・中断すると報道されました。

 

理由はおおよそ共通しています。

 

新規申し込みを保留等にしている理由

太陽光発電により売電される電気量は、世間が消費する電気量より多くなる場合があります。

 

この傾向は人口の少ない地域に行くほど顕著になります。

 

事業者は広い土地にが確保しやすく、値段が安い地域に発電システムを作る傾向が強いです。

 

ただ、人口が少ないため、発電しても消費しきれない状況に陥りやすい傾向にあります。

 

また、天候に左右されやすいため、安定供給にも不安が残ります。

 

これまで、少ない人口に対するキャパシティしか持たなかった送電線の容量もネックになります。

 

本来であれば、産業用の太陽光発電を推進することになったときに、送電容量も増やすといった対策をしていれば、これほど保留・中断といったことにはならなかったでしょう。

 

管轄外の人口が多い地域に売るという選択肢もできますから。

 

蓄電技術が追い付いていなかったという事実も安定供給を不安にする要因の一つでした。

 

さらに、買取制度の利回りの良さが事業者や投資家の皆さんには魅力的だったことも設置加速につながり、今回の事態に至っているとも言えます。

 

今後の展望

ただ、当サイトではこのような保留、中断という動きは限定的と考えています。

 

というのも、太陽光発電は貴重な再生エネルギー制作の中心的な存在であり、長い目で見れば地球環境の将来を明るい方向に導く技術です。

 

また、原子力発電所のリスク軽減からも、システム設置の拡大を止めるべきではないでしょう。

 

買い取り制度を推進した当時の民主党の本位は、ここにあったはずです。

 

政府は買い取り制度を改定する方向で動き出しているいうようですが、未来を担う子供たちのためにも設置の推進する動きを止めないようにしていただきたいものです。

 

なお、これらのことは10kW未満のシステム、いわゆる一般住宅向けのシステムは保留・中断の対象外で、新規受け入れを継続しています。

 

 

新規買い取り保留もしくは中断している電力会社

以下は、新規買い取り保留もしくは中断している電力会社です。

 

  • 北海道電力
  • 東北電力(※1)
  • 四国電力(※2)
  • 九州電力
  • 沖縄電力

 

※1
東北電力の海輪社長は、蓄電池の活用、管外への余剰電力供給等の検討を表明済み(参考:河北新報 9月30日より)

 

※2
四国電力は数ヶ月以内に受け入れ可能量を算定して、新規申し込み可否の回答を再開予定(参考:毎日新聞 9月30日より)

 

ご参考
関西電力

関西電力の八木誠社長は事業者からの申請受け入れ制限はしていない、今後もすぐに制限が必要になるとは思っていないと表明済み(参考:時事通信 9月26日)

 

東京電力

HPによると、基本的に申請受け入れ制限はしていない。ただ、以下の地域は回答を保留中。

 

・群馬県北部などの一部地域

 

中部電力

HPに申請受け入れ制限に関する掲載はナシ。

 

中国電力

HPに申請受け入れ制限に関する掲載はナシ。
塩田跡地で「瀬戸内メガソーラープロジェクト」との発表あり(参考:マイナビニュース 9月29日)。

自分の家、土地に合った最安メーカー、業者がわかる!

お客様満足度、月間利用者数ダントツNO.1

太陽光発電を知るカンタン見積比較

産業用太陽光発電、新規買い取り保留または中断する電力会社は?関連ページ

九州電力が受け入れ再開!出力50kW未満の設備
大手電力会社5社が相次いで電力買い取りの新規契約申し込みの保留・中断を発表して各方面で混乱を招いている件ですが、九州電力が50kW未満の出力の発電設備を対象に受け入れを再開しました。今回の再開の背景と今後期待される方向は?
買取中断、経済産業省の年内再開の秘策とは?
東北電力、九州電力など大手電力5社が太陽光発電など再生可能エネルギーの買取を中断している問題で経済産業省が検討中の対策を発表しました。年内の順次再開を視野に入れたこの対策、新規参入を受け入れる仕組みと講じておくべきリスクヘッジとは?
H26年度受入れ再開と買取抑制、鍵は蓄電池と電力自由化
太陽光発電をはじめととする再生可能エネルギーに関する再検討が行われ、受け入れ再開や買い取り抑制に関する結果が五月雨で公表されています。これまで公表された情報や今後の展望をまとめてみました。