MENU

単結晶にも劣らない京セラ太陽光発電システム

単結晶シリコンか多結晶シリコンか?

太陽光発電システムを設置するとなると、やはり多くの方が気になることの一つに、どのくらいの発電が期待できるのか?ということでしょう。

 

それはもちろん毎月の電気代の節約であったり、売電による収入に関わってくるからですよね。

 

これらは最終的に、たくさんのお金を投資したシステムの元が取れるか!ということにつながります。

 

以上のようなことを踏まえると、太陽光発電システムにおいては、どのくらいの発電ができるのか?というのは太陽電池モジュールの性能というのが非常に重要ということです。

 

国内の大手メーカーである京セラの場合はどうでしょうか。

 

京セラが狙ったポイントとは?

京セラが主に家庭用太陽光発電システムに採用しているのは、多結晶シリコンという太陽電池モジュールです。

 

太陽電池モジュールには、主に多結晶シリコンと単結晶シリコンというものがあります。

 

一般的に、単結晶シリコンの方が同じ面積あたりの発電量は大きい、つまり発電効率が高いということになります。

 

と、いうことは多結晶シリコンを採用している京セラの太陽電池モジュールは、発電効率が悪いということ?と思う方も多いかと思います。

 

確かに、単結晶シリコンに比べて多結晶シリコンは発電効率は劣ります。

 

しかし、多結晶シリコンのメリットはコストがかからないため価格が安い!という点にあります。

 

ですから京セラの場合は、設置にあたってのトータルのコストを安くできるわけですね。

 

設置コストに対する発電効率ということになれば、単結晶シリコンにも劣らないと考えることができます。

 

屋根面積を有効に使えるモジュール

また、京セラのモジュールにはサムライという小さなタイプがあります。

 

変形屋根などに使うことができ、屋根面積を有効に使えるメリットがあります。

 

以前は比較的高価なメーカーというイメージがありましたが、最近では他メーカー並みになってきて選びやすくなったという印象です。

自分の家、土地に合った最安メーカー、業者がわかる!

お客様満足度、月間利用者数ダントツNO.1

太陽光発電を知るカンタン見積比較

単結晶にも劣らない京セラ太陽光発電システム関連ページ

京セラのパワコンってどう?
太陽光発電システムの検討を始めると、どのメーカーを選べばよいか迷うところですね。京セラは古くから太陽光発電パネルやパワーコンディショナー(パワコン)等を制作しています。パネルでは独自の形状タイプが人気を集めていますが、果たしてパワコンは?
システムの効率と導入コスト
自宅はもちろん工場など産業用での太陽光発電では、発電効率の良さが導入コストの回収を早める条件の一つになります。一方、発電効率のよいパネルが各メーカーから出ていますが、コストは割高な場合もあります。発電効率とコスト面のバランスが大切になりますが、京セラの場合はどうでしょうか?
積雪が多い地域のシステム
雪が多い地域で気になるのが、積雪量に対する太陽光発電システムの耐重量ですね。地域によって積雪量は違いますから、その量に応じたシステムを設置したですね。ここでは京セラのシステムと積雪に関する情報を特集しています。
京セラシステムの特徴とは?
環境貢献、自治体の補助金制度、売電などといった背景から注目されている太陽光発電。投資額の回収といった側面からも設置するメーカー選びは大切ですね。システムの特徴やアフターサービスをなどを把握して、後悔のない投資をしましょう。ここでは京セラの特徴を特集しています。
京セラは補償付きの先駆者
太陽光発電システムの購入にあたって、スペックや価格比較ばかり考えていませんか?保証付きが当たり前と思っているととんでもないことに。京セラ以外の購入を検討中ならば購入後の補償はしっかり確認しておきましょう。
発電シミュレーションは是非利用すべき!
太陽光発電システムの導入を検討するなら、メーカー選び以外にお住まいの地域でどのくらいの発電量が期待できるかシミュレーションしたいですよね。設置したのはいいけれど、期待したほどの発電量ではなかったのでは売電にもつながりません。シミュレーションで納得のいく設備投資を。
京セラの気になる評判は?
太陽光発電システムを設置したいという場合、見積り前にある程度調べておきたいことの一つはメーカーの評判ですね。実際に自宅に取り付け可能かは別として、業者交渉のときに客観的な評判を知っておくのは有効なことです。京セラなどメーカー各社のマメな情報収集で後悔のない投資を。
モジュールの変換効率は?
太陽光発電システムを購入しようとした場合、価格に加えて検討しておきたい要素の一つに変換効率があります。価格が同等であれば変換効率の優れたシステムを選んだ方が元をとる期間も少なくて済みます。京セラを例に考えてみました。