MENU

シャープの太陽光発電と蓄電について

好調な太陽光業界とその裏側

太陽光発電に関心が集まっている昨今ですが、太陽電池メーカーも21012年7月の「再生エネルギー固定化価格買取制度」、いわゆる「売電」がスタートしたことにより、業況は好調とか。

 

その反面、パナソニックでは最新の太陽電池商品化を見送るという報道がありました。

 

旧三洋電機の高い発電能力の素になっている技術力はこれで打ち止めになってしまわないか、国産メーカーを応援している立場としては心配になります

 

投資に見合う利益が得られていないということかもしれませんが、シャープは苦しい経営状態にありながら、積極的にテレビCMを放映するなどシェアトップメーカーとしてその地位を守るために懸命な努力をしていますね。

 

そのような努力の甲斐もあって、やっぱり国産にこだわるという方はシャープ製をとお考えの方も多いでしょう。

 

しかし、設置を検討している方の中でもあまり詳しい知識がないという方も多いようです。

 

例えば、太陽光発電システムは蓄電はできないの?なんていう疑問も多いですね。2012年の前半までは蓄電に関するメーカーの品揃えや情報が乏しかったのは事実です。

 

ただ、状況は変わってきています。

 

東京都が2013年に蓄電池の設置には補助金を出すとしたのが、その証拠です。

 

太陽光発電、蓄電の状況

太陽光発電システムというのはその名の通り太陽の光を受けて発電するわけですが、そうなると昼間しか発電ができず、夜間や晴れていない日は従来どおり電力会社から電気を買うことになります。

 

中には太陽光発電システムを設置してしまえば電力は全部まかなえると思っている方もいるようです。

 

セキスイハイムなどの住宅メーカーでは、ニチコンなどの蓄電システムを備えた太陽光発電をPRするのが当たり前になってきています。

 

日中に発電し余った電気、夜間に買った電気を蓄電するのが主な目的です。

 

これはシャープのシステムにしてもやはり同様ですね。

 

以前は蓄電ができるものの、ベランダに設置するような簡易的なタイプでしたが、現在は4.8kWhの大きいタイプも販売されています。

 

リーフが安ければ・・・

あと、詳細はわかりませんが日産の電気自動車リーフとかを使って昼間発電した電気を蓄電すると、満充電であれば一般家庭の約2日分の日常使用電力をまかなえるという話もあるようですね。

 

ただ、リーフの価格を考えるとかなり高い買い物になるでしょう。

自分の家、土地に合った最安メーカー、業者がわかる!

お客様満足度、月間利用者数ダントツNO.1

太陽光発電を知るカンタン見積比較

シャープの太陽光発電と蓄電設備の動向関連ページ

nq-195aaの性能を探る!
太陽光発電発電を検討する場合、できるだけ効率のよいモジュールを選びたいところでしょう。高効率なタイプは各メーカーでいくつか販売されていますが、シャープのnq-195aaもその一つです。果たしてnq-195aaの性能とは?
シャープはシェア日本一!
太陽光発電のメーカー選びでは、いくつかのポイントが有ります。メーカーのシェアもその一つですが、日本のトップシェアはシャープです。吉永小百合さんのCM、経営状態が気になるシャープですが、今後のシェア動向に注目してみました。
ブラックソーラー技術とは?
効率のよい太陽光発電システムを設置する場合、モジュールのロスは極力減らしたいところですね。中でもシャープのブラックソーラーはロスの少ないモジュールとして注目されています。今回はそのブラックソーラー技術に迫ってみました。
雨漏りに対する保証
太陽光発電システムに万が一のことがあったらどうしますか?高価な設備だけに保証のことも十分に検討したいところです。雨漏りなど十分起こりえることを想定して各メーカーの保証範囲を確認しておきましょう。こちらのカテゴリーではシャープの情報を特集しています。
見積もりだけでは決められない理由とは?
吉永小百合さんのTVCMでもおなじみ、シャープの太陽光発電システムは発電効率の高さが売りです。他社との見積もり額比較を優先していると思わぬ落とし穴が・・・。果たして見積り額の比較以外のポイントとは?
産業用は海外でも人気!
家庭向け太陽光発電システムでは国内シェアNo.1のシャープ。実は産業用のパネルシステムも手がけています。産業用になると大規模というイメージはありますが大きさは様々です。海外の空港から日本国内の学校まで事例のあるシャープを今回は取り上げています。
取扱説明書の使い道
太陽光発電システムを設置すると、使い方を調べるために見るのが取扱説明書ですね。ただ、何年か経つと保管場所を忘れてしまって、見たい時に見られないということも。そんなときの対処方法があります。慌てず、焦らずが肝心です。
気になる新製品!でも、その前に・・・
太陽光発電システムを購入する場合、新製品の発売時期は気になりますね。発売前の時期は旧製品は安くなりますし、新製品を選べば発電効率の良さが期待できます。特にシャープなど人気のあるメーカーには注目が集まります。希望の条件を十分に検討して最適な設備を選びましょう。
シャープの価格相場を検証
太陽光発電システムの価格はパネルやパワーコンディショナーなど機器の他に設置に関する費用も検討する必要があります。住宅設備は高価な買い物ですから、相場感覚を身につけることで費用対効果の目処も立つことでしょう。メーカー各社の特徴など着実な情報収集で満足のいく設備投資を。
シャープ製を選ぶなら特約店も外せない!
太陽光発電パネルや蓄電設備を自宅に設置する場合、補助金、価格比較も大切ですが、保証やメンテナンス等のサービス面も大切な要素になります。こうした面を重視するならシャープなどメーカーとのつながりが深い特約店の存在も慎重に検討する必要があります。
変換効率で世界最高値!
太陽光発電パネルの購入で気になることの一つに変換効率があります。太陽光を受ける条件同じなら、変換効率が高いほうが蓄電が当たり前になる時代を見据えても有利。昨年末に世界最高の発電効率の太陽光電池を発表したシャープは有力な導入候補になるでしょう。
陸屋根に設置する場合
シャープ等の太陽光発電パネルを自宅に設置することを検討し始めると、避けて通れないのが屋根形状とモジュールの関係ですね。寄棟、陸屋根などといった形状に応じたシステム設置の見積りを比較・検討して効率のよい発電を実現しましょう。