MENU

太陽光発電の見積もり手順|タイプ別に進める見積もりのコツ

太陽光発電を自宅に導入したい!と考えていても、何から始めたらいいかわからないという方も多いでしょう。

 

大掛かりな工事が伴いますのでリフォームの一種と考えられ、いざ検討し始めるとご自身の好みに左右されるところが多くなります。

 

そこで、以下のようにいくつかのタイプに分けてみましたので参考になさってください。

 

納得しながら着実に進みたいタイプ

太陽光発電システムの導入は高額であり、慎重に考えたい。それほど急がないから仕組み、売電、メンテナンスなど一通りの知識を着実に身につけてから具体的に検討したいという方。

 

おすすめ手順
  1. 本やネットで知識を身につける。
  2. 家電量販店でパンフレットをもらう。
  3. 各メーカーの性能・費用を比較してみる。
  4. お住まいの自治体等の補助金を調べる。
  5. 複数業者から見積もりをとる。→おすすめ見積もり業者の一覧へ

 

ご自分の手間はなるべく掛けたくないタイプ

太陽光発電に興味はあるけれど、何か難しそう。売電とか気になるけれど、今からでは遅いような話も聞く。補助金が出るのか、今からでも損しないのか知りたい。でも、手間がかかることはなるべく避けたいので、面倒くさいところは信頼出来る設置業者に任せたいという方。

 

おすすめ手順

 

早く結果を出したいタイプ

補助金の締め切りが目の前。買取価格が下がらないうちに設置したい。思い立ったが吉日、知識は後付でOK。必要以上に手間をかけず、効率よく設置に向けてドンドン進みたいという方

 

おすすめ手順
  1. ネットでの見積申込み
  2. おすすめ見積もり業者の一覧へ
  3. 本による知識習得

(上記「1」と「2」は同時進行)

 

身近に電気屋、屋根屋を知っているタイプ

設置はそれほど急がない、10年20年先を見て身近で長い付き合いが維持管理に何よりも大切、とお考えの方。

 

おすすめ手順
  1. 身近な電気屋、屋根屋にとにかく相談。
  2. 本による知識習得

(上記「1」と「2」は同時進行)

太陽光発電見積もり|20年間損しない見積り方法・投資記事一覧

太陽光発電で発電した電気の2016年(H28)度買取価格が発表され、2015年度より2円/kWh(住宅用)下がりました。「買取価格の値下り」と聞くと、今から設置するのは「損かも・・・」と考えたくなりますが、現状はどうでしょうか?太陽光発電は、すでに電気料金レベルに到達!2014年夏、電気を購入するよりも、住宅用太陽光発電で電気を生産し消費した方が安い!という報告が自然エネルギー財団(*a)より公表...

東芝・パナソニック・シャープ!メーカー3社の太陽光パネルを比較高効率な太陽光パネル(以下、モジュールといいます)を発売しているメーカーといえば、東芝、パナソニック、シャープなどが代表格ですね。ここではこの3社が発売している高効率モジュールの性能等を比較し、次表にまとめてみました。比較したモジュール東芝・SPR-250NE-WHT-J・SPR-125NE-WHT-J(ハーフタイプ)パナソニック・HI...

厳選される優良な太陽光発電の施工業者2014年以前の太陽光発電の施工では、有能な施工業者に一部の粗悪な業者が混じり、その存在が煙たがられていました。豆知識一般に、屋根関係のリフォームは500万円までの工事に関しては無資格者であっても施工が可能です。このため、買取制度による太陽光発電の設置工事増加に便乗した粗悪な業者が一時横行しました。近年はパナソニックなどメーカー側でも屋根への取り付け研修があり、...

ヤマダ電機の気になる対応は?最近は家電量販店の広告にも太陽光発電システムの設置工事を請け負う記載がありますね。そこで、ヤマダ電機に行って調査してみました。太陽光発電コーナーはパネル展示がメインでした。ヤマダ電機はS×Lを傘下にし、スマートハウス構想を社長が先頭に立って指揮している姿をテレビ東京の「ガイアの夜明け」で見たこともあり期待したのですが、特に突出した演出はありませんでした。このあたりの展示...

2014年秋より大手電力会社(東京、中部、関西を除く)により中断または保留となっていた買い取り手続きは、2015年1月末に再開されました。ただ、再開を素直に喜んでもいられない面もあります。発電の状況によっては、出力制御(抑制)されるケースが再開の条件に組み込まれているからです。今後、電力自由化に伴う送電線の整備や新電力会社による買い取りなどが進み、買い取り需要が大きくなる可能性もあります。ですが、...

まだまだ魅力!10kW以上の太陽光発電投資に希望の光H27年4月に1kWあたり29円に下がった買い取り価格ですが、7月にはさらに27円(税抜)に下がりました。買い取り価格の値下げにより「8〜10年で投資額を回収し利益を出す」というビジネスモデルは以前よりも難しいのでは、との噂が後を絶ちません。また利回りの良さに惹かれて検討していた場合、「昨年までと同じ感覚で検討してよいものか戸惑ってしまう」という...