MENU

太陽光発電の一括見積もりサービスは第2ステージへ!ユーザー目線の見積もりとサポートが第一!!

太陽光発電 優良業者

厳選される優良な太陽光発電の施工業者

2014年以前の太陽光発電の施工では、有能な施工業者に一部の粗悪な業者が混じり、その存在が煙たがられていました。

豆知識


一般に、屋根関係のリフォームは500万円までの工事に関しては無資格者であっても施工が可能です。

 

このため、買取制度による太陽光発電の設置工事増加に便乗した粗悪な業者が一時横行しました。

 

近年はパナソニックなどメーカー側でも屋根への取り付け研修があり、取り付け不備や雨漏りといった人的ミス対策がはかられています。


そして2015年度、買い取り制度改定により10kW以上の工事数は急速に減少し、粗悪な施工業者はどんどん淘汰されています。

 

一括見積もりサービスは、さらにユーザーにとって便利に!

一括見積りのサービス業者(以下、見積もりサービスと略)は、以前から複数の施工業者から見積もりをとる手間が省けて便利なサービスでした。

 

現在はユーザーが求める安心感の追及に重点を置き、サポート体制の充実などさらに便利になっています。具体的な内容は、以下のページをご覧ください。

 

このページの目次

 

1. 一括見積もり前に必ず知っておきたい!太陽光発電見積もり業者の新たなサービス

1-1. 価格比較だけじゃない!一括見積もりサービスは進化している。

1-1-1. 進化した見積もりサービス

かつては太陽光発電ブームに乗り、儲け主義一辺倒の施工業者の提案ペースにユーザーが巻き込まれ、設置後に後悔したり、トラブルが発生するケースも見受けられました。

 

このような状況からユーザーの声に真摯に耳を傾け、見積もりサービスも確実に進化してきています。

 

次表「主な見積もりサービスの新たな特徴」、「実績と満足度(付録)」をご覧ください。

 

表:主な見積もりサービスの新たな特徴

主なサービスの新たな特徴

グリーンエネルギーナビ

タイナビ

施工業者情報(*1)

公開

公開

見積もり提示前の連絡(*2)

見積もり提示後のサポート(*3)

口コミ評価の有無(*4)

登録業者の知名度

太陽光発電 見積り 大阪

太陽光発電 見積り 東京

登録業者例

イオンリテール(全国)
日本ロハス(東京都)

大阪ガス(大阪府)
積和建設西東京(東京都 *7)

表:実績と満足度(付録)

グリーンエネルギーナビ

タイナビ

実績(*5)


(2015年No.1)


(〜2014年No.1)

満足度(*6)


(93%)


(98%)

*1・・・見積もりサービスに登録された施工業者の情報公開。
*2・・・見積もりサービスが、依頼したユーザーに見積もり依頼の受付と施工業者訪問に関する連絡。
*3・・・見積もりサービスが、適正価格の判断や施工業者提案に対する質問などを受付け、回答。
*4・・・実際に利用したユーザーの口コミの公開。
*5・・・2015年10月リフォーム産業新聞調査による。
*6・・・両サービスのWEBサイト掲載情報より。
*7・・・積水ハウスグループ

 

1-1-2. 見積もりサービス選択のヒント

もし、あなたが「太陽光発電見積もり|20年間損しない見積り方法・投資」でご紹介した次のいずれかのタイプに当てはまる場合は、各々のタイプに合った見積もり業者をおすすめします。

  1. あらかじめ勉強して知識があり、納得しながら着実に進みたいタイプ
  2. ご自分の手間はなるべく掛けたくないタイプ
  3. 早く結果を出したいタイプ

 

「1」のタイプの方

すでに適正価格の相場観や設備に関する知識をある程度お持ちだと思われますので、手取り足取りのサービスはかえってうっとおしいかもしれません。

 

複数の施工業者からそれぞれの見積りを早く受け取り、自ら交渉しながらを業者を絞り、工事を進めていく方がよいと思われます。

 

業者の知名度や実績が気になる方も「1」のタイプに当てはまります。

 

おすすめの一括見積もりサービス

タイナビ(公式サイトへ)

 

タイナビ(当サイト詳細ページへ)

 

「2」「3」のタイプの方

知識や価格の相場観がない状態で施工業者からの見積もりを受けてしまうと、施工業者が積極的な場合、あまりゆっくり考える時間がないまま契約してしまう可能性があります。

 

施工業者の提示に対して、見積もりサービスから客観的なアドバイスを受けながら検討する方がよいでしょう。

 

見積もり依頼後にいきなり複数の施工業者から、電話が一斉にかかってくることを避けたい場合も当てはまります。

 

早く結果を出したい方も、知識等が不十分では後々後悔する結果になってしまうかもしれません。サポートを受けながらの施工が満足度の高い結果につながるでしょう。

 

おすすめの一括見積もりサービス

グリーンエネルギーナビ(公式サイトへ)

 

グリーンエネルギーナビ(当サイト詳細ページへ)

 

見積もりサービスを決めたら、次のポイントを意識して進めましょう。

2. 太陽光発電の一括見積り業者を利用して、最安値と安心を比較するために!

2-1. 太陽光発電見積もり比較、三つのポイント!

 

太陽光発電 見積もり ポイント

 

1-2-1. 条件をそろえ、詳細な記載のある見積もりを!
(1) 見積もりの条件は、なるべくそろえる。

これは適正価格を見極めるために、非常に大切です。

 

例えば、A社がパナソニック、B社がソーラーフロンティア、C社が京セラの各パネルで見積もり提示があったとしたら、どうでしょう?

 

各メーカーパネルの見積もり価格が高いのか安いのか、判断が非常に難しくなります

 

例えば、3社ともパナソニックのHIT244αで条件をそろえれば、判断しやすくなります。

 

ただ、パネル等どのようなシステムがいいのかわからない場合、最初だけ業者にお任せで見積もってもらうのも一つの方法です。

 

この場合は、各業者の見積もりが出そろい、説明を聞いた後にパネル等の条件をそろえて再見積もりしてもらいましょう。

 

(2) 見積もりの記載は詳細に!

一括いくら・・・」という項目が、見積もりに含まれることがあります。

 

このような場合には、詳細を記した見積もりの再提出を求めましょう。

 

拒否された場合は、その業者の検討は見送ることをおすすめします。

 

1-2-2. こだわりたいことは、見積もり申し込み時に伝える!

太陽光モジュールやパワコンなどは、インターネット上に情報が多くあります。

 

あなたがご自分で調べ、こだわりたい条件がある場合は、「パナソニックの・・・」、「東芝の・・・」、「250Wタイプ」等、申し込み時に伝えることは可能です。

 

「1-2-1」でも述べましたが、パネル等の条件変更は、見積額や地域性などの説明を業者から聞いてからでも遅くありません。

パナソニックを希望したけれど、晴天率や降雪を考慮してQセルズのモジュールを見積もり直すということもあります。

 

1-2-3. 価格の優位性だけで決めない!

一括見積もり業者に登録された工事業者は厳選されています。

 

条件をそろえた上で提示された複数見積もりの中から、最安値の業者を選ぶのは自然な流れです。

 

ただ、最終的な判断では、説明や問い合わせへの対応から受ける印象も大切にしましょう。

 

太陽光発電 施工業者 サポート

 

いくら魅力的な見積もりやサービスが提案されても、相性が合わない業者(営業担当だけでなく、施行・サービス担当者を含む)では先々が苦痛になります。

 

業者とはアフターサービスを含めて長いお付き合いになるケースも多いですから、一応注意しましょう。

 

おすすめの一括見積もりサービス

タイナビ(公式サイトへ)

 

タイナビ(当サイト詳細ページへ)

 

グリーンエネルギーナビ(公式サイトへ)

 

グリーンエネルギーナビ(当サイト詳細ページへ)

 

<補足>有名業者、地元密着業者からも見積もる!

聞いたことがない業者ではそもそも心配!という場合は、「東京ガス」「大阪ガス」などのネームバリューのある業者も含めて見積もり依頼をしてみましょう。

 

また、地元密着型の屋根屋があるようでしたら、一括見積り後にその屋根屋さんにも見積もりを依頼してみるという方法もあります。

 

この場合、すでに適正価格の相場観が先の一括見積もりで身に付いていますから、価格面での相談はしやすいでしょう。

 

結果的に高めになる傾向がありますが、代わりにサービスが身近に受けられる安心感があります。

 

3. 太陽光発電に投資したいけど、土地を持っていない方へ

3-1. タイナビ発電所の物件情報無料サービス

太陽光発電の見積もりサービスで定評のあるタイナビを運営するグッドフェローズさんが、太陽光発電所物件の無料情報サービス「タイナビ発電所」を提供しています。

 

タイナビへの登録業者数が多いため、扱っている発電所物件も充実しています。

 

サービスに登録すると定期的に物件情報がメールで届きますが、具体的には以下の利点があります。

  1. 売通開始3か月以内の物件情報が得られる。
  2. 全国からの物件情報が得られる。
  3. 非公開物件情報のいち早い提供。

 

また、タイナビの見積もりサービスと同様に、グッドフェローズさんの心意気が感じられる以下のポイントがあります。

  • リスク回避(ヘッジ)で大切な5つのポイントをしっかり伝えている。
  • しつこい勧誘をする企業へのペナルティ制度がある。
  • 企業に偏らない中立な立場で対応する。
  • 購入後もアフターサービスに力を入れている。

 

特に大切なリスク回避(ヘッジ)で大切にな5つのポイントは、「タイナビ発電所」のホームページに紹介されています。興味がありましたら、以下から確認してみてください。

 

タイナビ発電所

 

 

 

自分の家、土地に合った最安メーカー、業者がわかる!

お客様満足度、月間利用者数ダントツNO.1

太陽光発電を知るカンタン見積比較

太陽光発電一括見積もり|安心業者比較と適正見積もり判断法関連ページ

★意外に知らない【損得】事例とは?
2015年度が過ぎ、2016年度を迎えた太陽光発電。買取価格が下がり、今から設置するのは損!と思われがちですが、着々と進んだ技術革新は買取制度がスタートした2011年よりはるかにユーザーにメリット(得)を与えてくれる状況となっています。その事例を紐解きます。
東芝250W・パナソニックHIT250α等を徹底比較
太陽光発電パネルで人気といえば、東芝、パナソニック、シャープがまず挙げられます。人気の秘密は高効率であること。東芝SPR-250NE-WHT-J、パナソニックHIT250α、シャープNB-245ABの仕様や価格などを比較することで見えてきたこととは・・・。
ヤマダ電機での見積り注意点
投資としての太陽光発電システムの導入は額面的に高額になります。それだけに失敗を賢く避け、満足の行く投資にしたいですね。設置ノウハウを持った安心安全な優良業者を選択して、見積りの依頼をするのが満足度の高い設置への近道。ヤマダ電機など家電量販店も知名度が高いだけに選択肢の一つになりますが、果たしてその実態は?
HIT等、国産パネルの相場と最安値
太陽光発電への投資で成否を握る重要な要素の一つが設備価格。とりわけパネル価格をいかに安く調達するかが大切なポイントです。設備の規模により出力抑制の優先順位が高くなる新ルールが適用される見込みとなった2015年以降、初期投資を押さえるための調達先として有望なのが卸直販。その価格相場と最安値の程度をパネル1枚あたりの金額で検証してみました。
★損するのはどっち?不動産投資と太陽光!
近年、土地付き分譲型太陽光発電が注目されています。H27年度から買取価格が27円(1kWあたり。税抜)に下がったことで、一時は「もう遅い」との烙印を押された10kW以上の太陽光発電に思わぬ追い風が吹き始めました。H27年度になり海外パネルの攻勢で設置コストが下がり始めたことで、利回りの大幅下落が避けられそうな気配だからです。さらに、買い取り価格が下がる前に申請を終えた利回り10%以上の物件が存在することも大きなポイントです。アパートなどへの不動産に似ていますが、そのデメリット、メリットを交えて比較してみました。