MENU

発電効率の良い太陽光パネルは?東芝・パナソニック・シャープの最新太陽光パネルを比較

東芝・パナソニック・シャープ!メーカー3社の太陽光パネルを比較

高効率な太陽光パネル(以下、モジュールといいます)を発売しているメーカーといえば、東芝、パナソニック、シャープなどが代表格ですね。ここではこの3社が発売している高効率モジュールの性能等を比較し、次表にまとめてみました。

比較したモジュール

東芝

・SPR-250NE-WHT-J
・SPR-125NE-WHT-J(ハーフタイプ)

パナソニック

・HIT250α
・N120α(ハーフタイプ)

シャープ ・NB-245AB
比較項目
  • セルの種類
  • 公称最大出力
  • 変換効率
  • 年間予測発電量
  • 価格(税抜)
  • 大きさ
  • 重量
  • 保証期間

 

太陽光発電パネル 比較

 

検証

出力、変換効率

太陽光発電は毎日行われますから、モジュール単体で見た場合、これらの数値が良いものほど、先々の発電量の差になって現れてきます。投資金額回収時期比較に欠かせない数値です。

 

今回の3社比較では東芝250Wタイプがややリードしています。

年間予測発電量

この数値は出力、変換効率が最も高い東芝が先行しています。シャープは数値を探しましたが見当たりませんでした(非公開!?)が、変換効率の数値から推測すると、東芝の次に良い値ではないかと思われます。

 

ただ、パナソニックも変換効率のよい250Wモジュールを出してきましたので、屋根形状や敷き詰め方によっては年間発電量で東芝、シャープを上回る可能性があります(※1)。

 

※1・・・シャープには三角形状を始めとする様々なモジュールあり。ただしシリーズが違い、変換効率は低めのため、あくまでも上記表のモジュールを使用した場合としての比較。

価格

変換効率が高いせいか、東芝が最高値ですが、見積りで他社比較して業者に申し入れをすれば調整可能なレベルではないかと思われます。

大きさ・重量

東芝とシャープが全く同じサイズであるのに対し、パナソニックのHIT250αは2社に対して若干大きめ。1枚あたり20mm×10mm程度の差で、屋根面積に乗せる枚数が多いほど発電するモジュールの総面積に差が出ます。

 

ハーフタイプをを使用すると、これは総面積に明確な差が出る条件にはならないと思われます(※2)。

 

※2・・・上記表のモジュールを使用した場合としての比較。

保証期間

パナソニックが20年、有償になってしまいますが、東芝もシャープも15年以上の保証期間を設けているのは安心材料でしょう。

 

東芝、シャープはパワーコンディショナーなど、交換が前提となる他の太陽光発電装置への保証も含まれます。

太陽光発電比較の勘所|太陽光発電モジュールの性能と費用だけにとらわれない!

太陽光モジュールの性能だけを重視するのは危険

条件に応じた各ユニット類の選択とバランスが大切

モジュール単体で見ていくと、数値を比較する限りでは東芝が他の2つをリードしているように思われます。

 

ただ、太陽光発電にはパワーコンディショナー等他装置との組み合わせ、各地の日射量、気象条件、温度上昇による損失、立地、設置といった条件に左右される面があります。

 

効率のいいモジュールを使用したからといって、必ずしも最適な発電条件になるとは言えません。

 

ZEHでは住宅メーカーとの連携も重要

発電した電力の買い取りよりもZEH(ゼッチといいます。ゼロエネルギーハウス(※3)の略。)を目標にする場合、住宅、家電製品、HEMS、蓄電池等の省エネ関連の性能も重要です。

 

※3・・・厳密にネットゼロエネルギーハウスという場合もあります。

 

省エネ性能が良ければ、家庭で消費する電気量を太陽光発電だけでまかなえる機会が増えます。

 

家電量販店での聞き込みでは、このような観点から住宅系のノウハウがあるパナソニックの問い合わせが増えているそうです。

 

見積り業者への伝え方(一括見積もりを含む)(※4)

これらのポイントを踏まえた上で、モジュールに関してある程度ご希望のメーカーが決まっているのであれば、見積もり業者に伝えましょう。

 

※4・・・以下の各見積もり業者分析は次のページに記載しています。

 

太陽光発電を知るカンタン見積比較

 

タイナビ

簡易一括見積り依頼フォームの住所入力欄の下に「その他ご意見・ご要望をご記載ください。」欄があります。そこにご希望のメーカーを記入することで見積りに盛り込んでもらえます。

 

パネイル

住所、氏名入力欄のそばに「概要・ご相談等」の入力欄がありますので、そこにご希望のメーカーを記入しましょう。

 

自分の家、土地に合った最安メーカー、業者がわかる!

お客様満足度、月間利用者数ダントツNO.1

太陽光発電を知るカンタン見積比較

太陽光発電パネル最強比較!東芝250W・パナソニックHIT250α等関連ページ

★意外に知らない【損得】事例とは?
2015年度が過ぎ、2016年度を迎えた太陽光発電。買取価格が下がり、今から設置するのは損!と思われがちですが、着々と進んだ技術革新は買取制度がスタートした2011年よりはるかにユーザーにメリット(得)を与えてくれる状況となっています。その事例を紐解きます。
★知らないと損!見積り業者徹底比較!!
太陽光発電システムの設置は予算、発電効率、発電量、あなたのこだわり等のバランスがとれたとき、満足のいくシステムになります。見積りの際には東京、神奈川、大阪など地元の日射条件に詳しい優良業者から複数見積りをすることが適切で最高のシステムを設置することにつながるでしょう。
ヤマダ電機での見積り注意点
投資としての太陽光発電システムの導入は額面的に高額になります。それだけに失敗を賢く避け、満足の行く投資にしたいですね。設置ノウハウを持った安心安全な優良業者を選択して、見積りの依頼をするのが満足度の高い設置への近道。ヤマダ電機など家電量販店も知名度が高いだけに選択肢の一つになりますが、果たしてその実態は?
HIT等、国産パネルの相場と最安値
太陽光発電への投資で成否を握る重要な要素の一つが設備価格。とりわけパネル価格をいかに安く調達するかが大切なポイントです。設備の規模により出力抑制の優先順位が高くなる新ルールが適用される見込みとなった2015年以降、初期投資を押さえるための調達先として有望なのが卸直販。その価格相場と最安値の程度をパネル1枚あたりの金額で検証してみました。
★損するのはどっち?不動産投資と太陽光!
近年、土地付き分譲型太陽光発電が注目されています。H27年度から買取価格が27円(1kWあたり。税抜)に下がったことで、一時は「もう遅い」との烙印を押された10kW以上の太陽光発電に思わぬ追い風が吹き始めました。H27年度になり海外パネルの攻勢で設置コストが下がり始めたことで、利回りの大幅下落が避けられそうな気配だからです。さらに、買い取り価格が下がる前に申請を終えた利回り10%以上の物件が存在することも大きなポイントです。アパートなどへの不動産に似ていますが、そのデメリット、メリットを交えて比較してみました。