MENU

太陽光発電、家電量販店での見積もり・・・ヤマダ電機の場合

ヤマダ電機の気になる対応は?

最近は家電量販店の広告にも太陽光発電システムの設置工事を請け負う記載がありますね。そこで、ヤマダ電機に行って調査してみました。

 

太陽光発電コーナーはパネル展示がメインでした。

 

ヤマダ電機はS×Lを傘下にし、スマートハウス構想を社長が先頭に立って指揮している姿をテレビ東京の「ガイアの夜明け」で見たこともあり期待したのですが、特に突出した演出はありませんでした。

 

このあたりの展示は店舗によって大分差があるのでしょう。

 

ヤマダ電機の販売員の方が話しかけてきたので、その話の一部を、以下に記してみました。

 

販売員との問答

問:店頭で見積もりしてもらうことはできるか?
答:間取り図(手書きでも可)でもあれば可能。

 

問:(見積もり案内のTEL番号がパネルにあったので)TEL先と店頭見積もりとの違いは?
答:店頭では推測での話に終始してしまう。TELで見積もり依頼してもらった方が詳細に話聞ける。見積もりは無料であり、強引な勧誘もないのでお気軽にお試しを。

 

印象

パネル展示を見ていたところ、声をかけてきたので詳しいのかなという期待は外れ、質問に対して全般的に言葉の歯切れが良くなく、あまり自信がないような感じでした。

 

当方がTEL見積もりに関する質問をしたとき、販売員の方が安堵した表情に変わった気がしました。

 

TEL見積もりが店頭よりは専門知識のある方が必ずいるので、販売員の方もそうして欲しかったのかもしれません。

 

日当たり具合や屋根形状についても聞いてみましたが、よくわからないようでした。

 

TEL見積りの質問は、販売員の方に助け舟を出す格好になったわけです。

 

すべての店舗、販売員の方がこのような感じではないことを期待したいところですね。

 

大手家電量販店での見積もりは妥当?

このような体験から、太陽光発電を家電量販店で見積もる場合も、ネット見積もりと同様な手続きをしたほうが手間がかからないのかなという印象を強くしました。

 

店頭見積もりにこだわると、何件も量販店を回って良いところを探さなくてはいけませんから。

 

最終的には実際に屋根形状などを見てもらわないといけないという点は、ネットで見積もりを依頼しても同じですよね。

 

見積りをする、または来訪する業者が技術を持ち、信頼出来るかどうかが肝心ですから。

 

ヤマダ電機の販売員の方は最後に、「何をどうしていいかわからない場合はとにかく見積もりを頼んで見ることで自宅での設置に必要な条件が見えてきます」というニュアンスのことを言っていました。

 

聞いたときはピンときませんでしたが、後で考えると確かにそうかもと思えます。

 

個々のお宅で条件が違うわけですから、カタログや資料だけ眺めていてもなかなか具体的なイメージは湧いて来ませんからね。

 

家電量販店での太陽光発電システムも設置にこだわる場合でも、お住まいの地域の価格相場を把握する意味で一旦、一括で見積をとったあとのほうが見積もりの妥当性を検討しやすいでしょう。

自分の家、土地に合った最安メーカー、業者がわかる!

お客様満足度、月間利用者数ダントツNO.1

太陽光発電を知るカンタン見積比較

太陽光発電、家電量販店での見積もり・・・ヤマダ電機の場合関連ページ

★意外に知らない【損得】事例とは?
2015年度が過ぎ、2016年度を迎えた太陽光発電。買取価格が下がり、今から設置するのは損!と思われがちですが、着々と進んだ技術革新は買取制度がスタートした2011年よりはるかにユーザーにメリット(得)を与えてくれる状況となっています。その事例を紐解きます。
東芝250W・パナソニックHIT250α等を徹底比較
太陽光発電パネルで人気といえば、東芝、パナソニック、シャープがまず挙げられます。人気の秘密は高効率であること。東芝SPR-250NE-WHT-J、パナソニックHIT250α、シャープNB-245ABの仕様や価格などを比較することで見えてきたこととは・・・。
★知らないと損!見積り業者徹底比較!!
太陽光発電システムの設置は予算、発電効率、発電量、あなたのこだわり等のバランスがとれたとき、満足のいくシステムになります。見積りの際には東京、神奈川、大阪など地元の日射条件に詳しい優良業者から複数見積りをすることが適切で最高のシステムを設置することにつながるでしょう。
HIT等、国産パネルの相場と最安値
太陽光発電への投資で成否を握る重要な要素の一つが設備価格。とりわけパネル価格をいかに安く調達するかが大切なポイントです。設備の規模により出力抑制の優先順位が高くなる新ルールが適用される見込みとなった2015年以降、初期投資を押さえるための調達先として有望なのが卸直販。その価格相場と最安値の程度をパネル1枚あたりの金額で検証してみました。
★損するのはどっち?不動産投資と太陽光!
近年、土地付き分譲型太陽光発電が注目されています。H27年度から買取価格が27円(1kWあたり。税抜)に下がったことで、一時は「もう遅い」との烙印を押された10kW以上の太陽光発電に思わぬ追い風が吹き始めました。H27年度になり海外パネルの攻勢で設置コストが下がり始めたことで、利回りの大幅下落が避けられそうな気配だからです。さらに、買い取り価格が下がる前に申請を終えた利回り10%以上の物件が存在することも大きなポイントです。アパートなどへの不動産に似ていますが、そのデメリット、メリットを交えて比較してみました。